忍者ブログ

日々の遊び

飽きっぽいライトゲーマーが、スマホゲームアプリやおすすめゲームの感想をレビューっぽく黙々と書いていくブログ。 RPG、パズル、シミュレーションが好き。シナリオと世界観重視。 現行アプリ:ゆるドラ・スクスト・うつしよ・Buriedbornes・デレステ

【デレステ】Lunatic Show

ちょっとLunatic Showをポニテ艦隊でやってください!
ちなみにうちのポニテ艦隊は水野翠・日野茜・杉坂海・若林智香・愛野渚です。







めっちゃポニテが踊るぞ!
カッコいい!



最高だよ~。
あと今回は珍しくmaster+で走れてる。
相性がいいのか、難易度が低いんだろうか? なんか叩きやすいぞ。
※フルコンできるとは言ってない。

曲もすごく好みだ。
コミュもそうだけど、KBYDの追加で華やかになってる感じ。
クールだけじゃなくてちゃんとキュート&パッション要素がある。
ボリュームアップして聞き応えのある曲になった。もちろん原曲もいいんだけどね。
カバーとかアレンジとかは雰囲気を変えて驚かせてほしい派なので大満足です。
あんずのうた(きらりver.)みたいに、デレマス曲ってアレンジも素晴らしい。

あとコミュも最高。輝子&小梅のラジオでのコメントなんかジンときた。
こういう子たちが仲良しの友達と一緒に楽しく仕事ができるって奇跡のようだ。稀有なことだよ…。

現実の子役とか若いアイドルでも「まだ子供なのに大変な仕事をしてるなぁ」って思うけど、デレマス・デレステは無駄なリアリティーを求めたようなドロドロした感じがないから安心して見ていられる。
まあ一部にちょっと挫折を味わわせすぎでは? って子もいるけど。
人間の汚い面を描けばリアルになると勘違いしてる物語も多いからね。
所属アイドルが楽しく仕事できて、それを見てファンが増えるのが一番いいよ。
だってプレイヤーはプロデューサーなんだから、自分の担当するアイドルたちに楽しんで仕事してほしい。

輝子と小梅がロックフェスに出ることになって、それで「じゃあ幸子ちゃんも呼びたい」となって、友達に呼ばれたのが嬉しい幸子は「輝子さんと小梅さんは仕上がってるから頑張らなきゃいけないのは私たち」ってKBYDで曲の特訓して。
お互いにお互いが持ってないものを持ってて、でもそれを分け合うことでより輝いていく。
輝子と小梅だけだったら、それはそれでパンクなカッコいいステージになったんだろうけど、やっぱり曲の趣旨としてイベントのテーマとしてこれでよかったと思う。
幸子が加わって、その幸子が友紀と紗枝を連れてきて、もう輝子と小梅は一人ではないという。
二人になかったものが加わることで違う輝きが生まれていくという。

まあ、それは確かに「違う輝き」ではあるから、「もとの輝きの方がよかった」と思う人が出てくるのも仕方ないことではあるけど。
誰にだって好き嫌いはあるんだし、嫌いたくて嫌ってるはずもないんだし。「嫌だ」と思う感情を責めるのはおかしい。
一部で声の大きい人同士が争い合ってるのは耳障りだ。
「私は好き」「私は嫌い」ってそれだけで終わる話なのに、なんでどっちかを間違ってることにしたがるんだろう。謎だ。

まあそれよりコミュの話ですよ。

輝子と小梅がごく当たり前に幸子を友達だと思ってることが、幸子にとってもすごく嬉しいことだったんだね。
決して素直なやり方ではないけれども、一生懸命に自分の想いを返そうとしてるのが今回のコミュで感じられた。
それを支える野球どすえの、ふざけてるようで包容力のあるお姉さんっぷりも和む。

共演を経てこれから女子寮で輝子&小梅と紗枝はんに会話が増えたりして、そっから繋がりを広げていくこともあるんだろうな。
もしかしたらプロデューサーには見えないところでも、新ユニットの可能性とかじゃなくプライベートな友人が増えるかもしれない。
そういうの、すごくいいよな。

うーん、今回のイベントやばいくらい好き。



ブログ投票→  ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

PR