忍者ブログ

日々の遊び

飽きっぽいライトゲーマーが、スマホゲームアプリやおすすめゲームの感想をレビューっぽく黙々と書いていくブログ。 RPG、パズル、シミュレーションが好き。シナリオと世界観重視。 現行アプリ:ゆるドラ・スクスト・うつしよ・Buriedbornes・デレステ

ひとくちレビュー

▼ひとくちレビュー

少しずつ増やしていきます。

★5:誰にでもおすすめしたいゲーム。
★4:完成度が高く良作と言えるゲーム。
★3:少し人を選ぶところのあるゲーム。
★2:かなり好き嫌いが別れそうなゲーム。
★1:ちょっとおすすめしにくいゲーム。

操作性:UIについて。プレイしていてストレスが溜まるようなら低評価。
満足度:プレイ時間の引き延ばしではなく、ちゃんとボリュームがあるかどうか。
音楽:曲数、世界観との合致度、効果音とBGMの音量を個別に変えられるか。
映像:グラフィックの美しさというよりは、世界観との合致度。
物語:ゲームデザインが明確で、ブレていないかどうか。
総評:感想を一言で。

スマホゲーム
携帯ゲーム機
PS
PS2
SFC
Xbox360

評価と個人的な好き嫌いは一致しません。
自分の好みではなくても、そのゲームの趣旨が徹底されていれば良作ゲームだと思っています。
また、よほど好きで思い入れのあるゲームでも、明確な欠点があれば良作ゲームだとは思いません。

スマホゲーム

★5

Buriedbornes【ダンジョンRPG】

操作性:★★★★ バトル画面にも“せってい”はあってほしい。他は言うことなし。
満足度:★★★★★ 10Fまでの適度な難易度、やり込み派にも満足できる深層部。
音楽:★★★★ 不安感を煽るようなBGMと効果音。できれば探索中も音量を調整したい。
映像:★★★★ 魔物がちゃんと“クリーチャー”している。
物語:★★★★★ レトロでシビアな世界観は徹底されている。媚びも甘さもない。
総評:今のところ欠点らしい欠点が見当たらない完成度の高いゲーム。

★4

スクールガールストライカーズ

操作性:★★★★ 画面遷移は整理整頓されている。読み込みも早い。
満足度:★★★★ これから次第だが、ゲーム性の無さをカバーできるだけの物語はある。
音楽:★★ まったく印象に残っていない。が、ボイス重視なので仕方ない部分も。
映像:★★★★ 表情豊かでよく動くので感情移入はしやすい。
物語:★★★ 全体的に重い設定が多い。エピソードIとIIで雰囲気が違いすぎる。
総評:頑張ってる可愛い女の子と仲良くしたいという欲求は充分に満たされる。

ゆるドラシル

操作性:★★★★★ こまめな改善もありUIは上々。戦闘も三倍速で快適。
満足度:★★★★ イベント頻度も高く、現状のボリュームは充分。
音楽:★★★★ 耳に残りつつも邪魔をせず良BGM。
映像:★★★★ なにげに細かい動きをしており、図鑑で見られるので満足度は高い。
物語:★★★ 誤字や言葉の間違い。たまに悪ノリが過ぎるが、世界観を乱してはいない。
総評:あとはちゃんとエンディングを迎えるかどうかだけ。

★3

うつしよの帳

操作性:★★ ローディングやや長め。装備や編成などの基本操作が不便。
満足度:★★★ 他シリーズ同様、コツコツやれば満足度は高そう。
音楽:★★★★ 和風な世界観にぴったりのBGMと効果音。
映像:★★★★ 相変わらず式姫は可愛いし、それぞれ個性があっていい感じ。
物語:★★★★ シリーズ作品だけあって世界観は丁寧に作られている。
総評:やりたいことは大体できるが、操作性の悪さと協力戦の回線落ちが大いに難。

Stricia

操作性:★★★ ルールを理解するまで、やや首を傾げそう。
満足度:★★ 魔方陣で蘇るステージも、各問題数も少なすぎて物足りない。
音楽:★★★ パズルゲームに余計な音はいらない。シンプルでよかった。
映像:★★★★ 期待した以上だったが、やはり少なすぎる。
物語:★★★ 背景設定は良。これに準じた物語が欲しかった。
総評:つくれんというコンセプトなので仕方ないがもう少し長時間プレイできるボリュームが欲しい。

塗り絵パズル

操作性:★★★★ 色の入れ換え、Undo、拡大など一通り揃っている。
満足度:★★★ 30問は少ない気もする。もっとやりたかった。
音楽:★★★ べつに要らないが、邪魔になるほどでもない。
映像:★★★★ 趣味の偏りがなく好きになりやすい絵柄。
物語:- 物語はない。
総評:シリーズ化されてほしいと思える良作。

ひとりぼっち惑星

操作性:★★★ ほとんど操作は不要。可もなく不可もなく。
満足度:★★ いかんせんボリュームが少なすぎる。
音楽:★★ BGM自体はいいのだけれど、曲数がないので長く聴いてると飽きそう。
映像:★★★★ シルエットのみのシンプルさがいい具合に寂寥感を出している。
物語:★★★★ テーマ自体はSFによくある話。画面の隅々まで世界観を徹底している。
総評:放置ゲームとしては良作だがテーマで好き嫌いが分かれる。

間違い探し劇場

操作性:★★★ 快適。ただ画面が小さい=探す範囲が狭くて難易度が低すぎる。
満足度:★★★ まだこれからという感じ。
音楽:★★★ いいけど、少しうるさい。小さくさせてほしい。
映像:★★★★ 自社アプリのキャラクター? 絵のタッチが柔らかくて好み。
物語:★★★★ 物語はない。絵が昔話モチーフで可愛い。
総評:突出して良くはないが基本は押さえてるので絵が好みならおすすめ。

リバーシクエスト<一発逆転爽快戦略ゲーム>

操作性:★★★★ 特に不便なところは見当たらない。
満足度:★★★ ストーリー進行がやや遅め。
音楽:★★ 曲そのものは悪くないが、飽きる。
映像:★★★★ 癖はあるものの綺麗。
物語:★★★ +αとしては充分な出来栄え。
総評:すごろくやRPG要素がうまく作用して単調なリバーシに飽きさせない。

★2

Left【放置型RPG】

操作性:★★ きちんと対応してくれているものの、まだまだ改善の余地あり。
満足度:★★ プレイヤーの楽しみ方次第だが、やはり内容が乏しすぎる。
音楽:★★★ 飽きない曲を選択している。でも変化が欲しい。
映像:★★★ 素材サイトの配布物だが、うまく世界観を合わせているとは思う。
物語:★★ こちらも素材サイトの配布物。聞いてて飽きないが一曲しかないのは難。
総評:未だ発展途上なのでこれからに期待したい。

隠されたアイテムメルヘン

操作性:★★★ 一回が短いので余計にロードがうざく感じる。
満足度:★★ 作業感が強すぎて飽きるのは早い。
音楽:★★★★ 見つけたアイテムによって変わる効果音が楽しい。
映像:★★★★ 背景をぶち壊さないアイテムの配置は秀逸。
物語:★★ モチベ維持のためにある程度のストーリー性は欲しい。
総評:ものすごく暇で何もやることがない時にはおすすめ。

★1

操作性:
満足度:
音楽:
映像:
物語:
総評:
ページ上部へ戻る

携帯ゲーム機

★5

操作性:
満足度:
音楽:
映像:
物語:
総評:

★4

操作性:
満足度:
音楽:
映像:
物語:
総評:

★3

【DS】偽りの輪舞曲

操作性:★★ 独自システムで楽しいはずの戦闘が演出のせいでストレスフルに。
満足度:★★★ セリフの多さや育成要素もあって周回プレイは苦にならない。
音楽:★★★ 特に印象的なものはないが、重厚な世界観は表現できている。
映像:★★★★ 同人ゲームっぽい絵柄なのに女の子よりおっさんと爺の方がうまい
物語:★★★★★ 派手さはなくともテーマはきっちり一貫している。
総評:★★★★ システム周りの不便さがどうにかなってさえいれば…。

★2

操作性:
満足度:
音楽:
映像:
物語:
総評:

★1

操作性:
満足度:
音楽:
映像:
物語:
総評:
ページ上部へ戻る

PlayStation

★5

・幻想水滸伝II

操作性:★★★ 二作目としては充分な程度には良くなった。
満足度:★★★★ 前作より格段に遊べる要素が増えた。
音楽:★★★★ 全体的な統一感もあり、インパクトのある良曲もいくつかある。
映像:★★★★ ドット絵の演技力が更に向上した。
物語:★★★★ 語るべきところと黙って見せるところのバランスが秀逸。
総評:良く言えば制作側の意欲を感じ、悪く言えば燃え尽きた感がある。

マイガーデン(※PSP/PS3)

操作性:★★★ セーブ&ロードが長い。でも大した問題にはならない。
満足度:★★★★★ 地味な印象からは想像もつかないやりこみ度。
音楽:★★★★ ほにゃほにゃ喋りと相俟って和む。
映像:★★★★ 収穫時の写真がよくできていてモチベを上げる。
物語:★★★ 物語目的のゲームではない。キャラクターは良。
総評:大高騰も納得の庭作りゲームでは最高峰。

★4

操作性:
満足度:
音楽:
映像:
物語:
総評:

★3

・オアシスロード

操作性:★★ システムの完成度は高いが、とっつきにくいのも確か。
満足度:★★★ とにかく雰囲気を楽しむゲーム。物語はわりとあっさり気味。
音楽:★★★★★ 曲単体の出来はもとより、シナリオとの合致度が素晴らしい。
映像:★★ 制作スタッフの少なさを差っ引いてもやはりPSゲームとしてどうだろう。
物語:★★★★ 終盤やや駆け足。
総評:良い物語にミニゲームがついてくると考えれば良作。

・幻想水滸伝

操作性:★★ 当時の感覚でも洗練されているとは言えない。
満足度:★★★ 正直ボリュームは薄め。
音楽:★★★★ うまく世界観とマッチしている。
映像:★★★★ 泥臭いキャラデザも表情豊かなドット絵が世界観を完璧に表現している。
物語:★★★★ 普通の人たちが巨悪に立ち向かうというテーマは一貫している。
総評:ド派手な英雄譚ではなく地味で堅実な戦争群像劇。

moon

操作性:★★ 快適性はゼロに近い。
満足度:★★★★ なんだかんだボリュームは抜群。
音楽:★★★★★ 癖は強いが必ず好きな曲があるはず。
映像:★★★★ 好みはさておき強い印象が残る。完成度も高い。
物語:★★ 何かしらのアンチテーゼを好きになれるなら。
総評:“ゲームっぽくなさ”への甘えとも言える不便さが不満点。

・メールプラーナ

操作性:★★★ ファルカタのシステムを進化。戦略性はアップ。
満足度:★★★★ システム特化のゲームだが、ハマるかはキャラクターに愛着を持てるかによる。
音楽:★★★★ 相変わらず良質。
映像:★★ 戦闘画面はまったく進化していない。
物語:★★★ ストーリー性は増した。よって癖が更に強くなり落伍者も増える。
総評:ファルカタの雰囲気を保ったままでうまくグレードアップさせている。

レジェンド オブ ドラグーン(※PSP/PS3)

操作性:★★★ プレイスタイルはかなり制限される。
満足度:★★★★ システムを理解できれば楽しい。
音楽:★★★ 邪魔しない代わりにすごく印象に残ることもない。
映像:★★★ ムービーは美しい、ポリゴンは普通。
物語:★★★ 良くも悪くも王道。
総評:反射神経の鈍い人はゲームを嫌いになる前に潔く諦めた方がいい。

★2

・ファルカタ ~アストラン・パードマの紋章~

操作性:★★★ さほど快適ではないがシステムは面白い。
満足度:★★★ 難易度やプレイ時間は最適。何周もしたくはならない。
音楽:★★★★ 実機でソフトを買えばサントラ要らず。
映像:★★ PSとはいえさすがにこれは…。顔グラはいいんだけど。
物語:★★★ 良くも悪くも独特な台詞や世界観を楽しめるかどうか。
総評:いろんな意味で癖の強いゲーム。

★1

操作性:
満足度:
音楽:
映像:
物語:
総評:
ページ上部へ戻る

PlayStation2

★5

・Final Fantasy X

操作性:★★★★ 戦闘中に画面を切り替えずボスと会話。臨場感がある。
満足度:★★★★★ やりこみ派にも物語だけを楽しみたい人にも満足。
音楽:★★★★ ヘビメタ、バラード、ジャズとバラエティに富んだ良BGM揃い。
映像:★★★★ FFの映像は評価がつけにくい。イベントとムービーで顔が違いすぎるため-1。
物語:★★★★★ 構成も演出も完璧。ただし続編を見なかった場合の話。
総評:総じて完成度は高いが大団円しか好きになれない人には向かない。

★4

・SHADOW HEARTS II

操作性:★★★ いまひとつ前作からの進化が感じられない。
満足度:★★★ 長くはなったが、ボリュームが増えたかというと?
音楽:★★★ 耳に残る曲はあるが、統一感はない。
映像:★★★ 進化したが、同時に前作の雰囲気とも違ってしまった。
物語:★★★ ギャグ色に偏りすぎたきらいがある。
総評:前作にあった独自の色が薄れて良くも悪くも万人受けするゲームになった。

・Final Fantasy XII

操作性:★★★★ シームレスバトルと良質グラフィックの両立はさすが。
満足度:★★★★★ ストーリーそっちのけで遊んでいられる。
音楽:★★★★ オーケストラ調で重厚かつ壮大。
映像:★★★ 人物は癖がある。砂漠から雪景色まで風景の描写は見事。
物語:★★★ 一度プレイしただけでは分かりにくいかと思う。
総評:ストーリーが薄いと思ったら二周してから考え直してほしい。

★3

・幻想水滸伝III

操作性:★★★ おまかせ一択ではなくなり戦闘は楽しくなった。
満足度:★★★★ 本拠地はシリーズ最高峰に楽しいと思う。
音楽:★★★ オープニングが良い。逆に言うとナーコメーナナーコメー以外は印象が薄い。
映像:★★ この出来栄えなら3Dにしない方がよかったのでは。
物語:★★ 民族の多様性と本拠地における彼らの交流はよかった。
総評:ラスボスの動機描写に力不足を感じた。

・幻想水滸伝IV

操作性:★★★ 美点と欠点が極端すぎる。
満足度:★★ 行間を読みまくって感動できる人向け。
音楽:★★★★ サントラは自信をもっておすすめできる。
映像:★★★ 海は綺麗、空は暗い。南国っぽくない。
物語:★★ 戦記ではない。テーマはいい。ただ薄い。
総評:短い制作期間の裏側を疑ってしまいそうなほどに薄い。

・SHADOW HEARTS

操作性:★★★ ジャッジメントリングを楽しめるなら良。
満足度:★★★ 寄り道は多少あるもののボリューム感は微妙。
音楽:★★★★ バラエティーに富み、なおかつ統一感がある。
映像:★★★ 味があり、グロテスクな敵の造形に合ってる。
物語:★★★★ ダークな雰囲気とたまに入る悪ふざけのバランスがいい。
総評:システム面で劣るが世界観の創造力はシリーズ随一。

・SHADOW HEARTS FROM THE NEW WORLD

操作性:★★★★ 戦闘システムは格段に向上。これだけで楽しめる。
満足度:★★★★ 上記理由により高評価。
音楽:★★ 音楽を印象付けるほど物語が盛り上がらない。
映像:★★★ 雰囲気が一新されて明るくなり、新世界に相応しくはある。
物語:★★ 終始他人事のようなストーリー、感情移入のしどころがない。
総評:あくまでも「新世界」であることを受け入れられればそれなりの評価。

Final Fantasy X-2

操作性:★★★★ 続編なのに前作とシステムが変わるのは難だが質は高い。
満足度:★★★★ シナリオは好みが別れるものの遊べる要素は満載。
音楽:★★ 主題歌以外は悪くない。しかし印象にも残らない。
映像:★★ 前作から劇的な変化は見込めない。
物語:★★★ 設定やテーマは悪くないのに演出がまるで駄目。
総評:ゲームのどこに重きを置くかによって大きく評価が変わる。

★2

・幻想水滸伝V

操作性:★★ 重い。PS2の読み込み音が何事かと思うほど凄い。
満足度:★★ 何度もプレイしたいと感じられる深さはない。
音楽:★★★ すごく印象に残るわけではないが、全体的はいい感じ。
映像:★★★ 綺麗に作られている。ただし小さくてよく見えない。
物語:★★ 設定が機能していない。
総評:盛りまくって不要な部分を切れなかった結果ごちゃごちゃになった印象。

★1

操作性:
満足度:
音楽:
映像:
物語:
総評:
ページ上部へ戻る

Super Famicom

★5

・Final Fantasy VI

操作性:★★★★ キャラクターは多いがフォローは行き届いている。
満足度:★★★★ コロシアム等でやり込み要素は欲しかったか。
音楽:★★★★★ 一曲を選べないほどすべて良。グラフィックと相乗効果で限界突破。
映像:★★★★★ 人物、魔物、風景、描写の緻密さも色使いも完璧。
物語:★★★★ テーマが明確になり、シナリオにブレがなくなってきた。
総評:SFC三作の集大成というに相応しい。

★4

・Final Fantasy V

操作性:★★★★ ともすれば煩雑になりそうなシステムだが簡素にまとまっている。
満足度:★★★★ やりこみ派にもシナリオ派にも満足。
音楽:★★★ インパクトはあるが全体的には可もなく不可もなく。
映像:★★★ 敵味方風景問わず、ドット絵が表情豊かになった。
物語:★★★ マップの変化とシナリオ展開の一致が秀逸。
総評:アビリティに注目しがちだがグラフィックの進化により演出力も大幅にアップ。

★3

・Final Fantasy IV

操作性:★★★ 逃走時にお金を落とす、というシステムは少し好き。
満足度:★★ 物語として印象の薄さは拭えない。
音楽:★★★ 全体的に良曲。ただそこまで印象には残らない。
映像:★★★ 飛空艇に乗り込むときは「おおー」と思う。
物語:★★ 終盤のキャラ死亡→生きてましたのくだり。
総評:特筆すべきはATBくらい。

★2

操作性:
満足度:
音楽:
映像:
物語:
総評:

★1

操作性:
満足度:
音楽:
映像:
物語:
総評:
ページ上部へ戻る

XBOX360

★5

操作性:
満足度:
音楽:
映像:
物語:
総評:

★4

操作性:
満足度:
音楽:
映像:
物語:
総評:

★3

操作性:
満足度:
音楽:
映像:
物語:
総評:

★2

操作性:
満足度:
音楽:
映像:
物語:
総評:

★1

操作性:
満足度:
音楽:
映像:
物語:
総評:

ページ上部へ戻る



ブログ投票→  ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

PR